自動車運転免許を取ろう!技能教習22・AT車の急加速と急発進

自動車運転免許を取ろう!技能教習22・AT車の急加速と急発進

技能教習22・AT車の急加速と急発進

AT車の急加速の仕方

自転車で、一番重たくてスピードの出るギアで走っていて、

坂道にさしかかり、ペダル重くてしんどくなってきたら、軽いギアに変えますね?

 

また、一番重たいギアでまったり走っていた時、突如フル加速したい衝動に駆られたら、

やっぱりギアを軽くして、思いっきり頑張ってペダル漕ぎますね?

 

MT車の場合、そんな時はギアをシフトダウン(下げる)すれば良いのですが、

AT車の場合はキックダウンという技を使います。

 

AT車はギアが無いって思っている人いますか?そうじゃないです。

MT(マニュアル・トランスミッション)は自分でギアを変え、

AT(オート・トランスミッション)は自動的に切り替えてくれます。

 

キックダウンとは?

キックダウンとは、

AT車に限りアクセルを大きく踏み込んだ時に

ギアが自動的に低速のギアへと切り替わり急加速することを言います。

具体的には、アクセルストローク(アクセルベダルの動く範囲)

の7/8ほど踏み込んだ際に作動します。

 

高速道路での合流や上り坂でパワーが落ちてきたときに

活用されたこともあるのではないでしょうか。

 

キックダウンはアクセルの操作のみで

加速に移れるため便利なものですが、注意点もあるのです。

 

 

最近のAT車の事故には、アクセルとブレーキを踏み間違い、

パニックになり間違えたアクセルをより踏み込んでしまうことによるものが多くなっています。

 

これもアクセルを焦ってベタ踏みすることによって起きる

キックダウン」によるものです。

 

これは、老若男女だれにでも起こる危険性があるのです。
自分は運転に自信があるから大丈夫と思わず、

しっかりと頭に入れておく必要があるでしょう。

 

 

キックダウンのやり方は?

やり方は簡単です。

アクセルを一気に踏み込むだけです。

 

そうすると、コンピュータが「加速したいんだな」って判断してくれて、

これまた自動的に軽いギアに切り替えてくれます。

 

 

そんなしょっちゅう使う技ではありません。

でも、いきなりキックダウンした時に

びっくりしない為に知っておかなければならないテクニックです。

 

また、10cmくらいの段差のあるところで車をつっかえさせて、

登るという体験もします。

 

結構アクセルを踏み込まないと段差登ってくれないんですよ。

でも登った瞬間にぐわっ!っと進んでああびっくり。なんて事も体験します。

 

キックダウンが怖い人は

 

不必要なキックダウンは

燃費の悪化につながったり車には負担がかかってしまいます。

それらを防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。

 

キックダウンは、シフトレバーを操作せずに行うギアチェンジといえます。
つまりは、シフトレバーを操作して

低速ギアに切り替えてもキックダウンと同じことになるのです。

 

ただし、その後には[D]の位置に戻さないといけませんが。

日ごろからシフトレバーを用いた

ギアチェンジをする習慣を身に着けておくことも大切ではないでしょうか。

 

 

参考動画

 

 

ホームへ

この記事に関連する記事一覧

comment closed

カレンダー
2019年11月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
カテゴリー
記事内検索
プロフィール

自動車販売連合会の仕事と、自動車教習所のコンピュータシステムに長いこと携わってきました。わりと複雑な自動車免許の取り方を、わかりやすくご説明できればと、このサイトを立ち上げました。多くの方がスムーズに免許を取ることができるように望んでいます。by Kinsan

 

最近の投稿
JAF

自動車保険を比べよう!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車検も賢くしよう!
お車の高価買取
車がもらえるカーリース

ページの先頭へ

error: Content is protected !!