自動車運転免許を取ろう!技能教習第2段階5・交差点の通行

自動車運転免許を取ろう!技能教習第2段階5・交差点の通行

技能教習第2段階5・交差点の通行

 

交差点は事故の多い場所です!

 

文字通り「道路が交差」していて、多くの車・二輪車・人が行きかいます。

まずは、交差点での事故の原因を考えてみましょう!

 

 

信号交差点における右折事故

 

 

 

右折での交通事故として挙げられるのが、直進車と衝突してしまうケースです。
ほかにも、直進する対向車ばかりに気を取られ、

横断歩道を渡っている歩行者や自転車に気づかず接触事故を起こしてしまうケースや、

対向車が途切れたので右折した際、対向車の後方にバイクが走っていて衝突事故になった事例など、

右折にまつわる事故の種類は数多く存在します。

 

右折する場合、対向車に注意し、

右折側の横断歩道にも気を配ることはもちろんですが、

対向車が途切れたからといってすぐに右折を開始せず、

バイクなどが影に隠れていないかを注意しましょう。

 

 

また、信号が黄色から赤になる変わり目も、注意が必要です。

 

「直進車が停まってくれるだろう」という判断で右折し、

相手も「ギリギリで行ける」と判断して、

お互いそのまま停止せずに走行してきた場合に、衝突事故に繋がります。

 

相手が減速していて、確実に「止まる」と判断できる状態になってから

右折するのが事故防止の正しい判断と言えるでしょう。

 

 

信号交差点における左折事故

 

 

交差点の左折は事故が少ないと感じがちですが、実はそうではありません。

左折の事故として挙げられるのが、自転車やバイクなどを巻き込んだり、

横断歩道の歩行者や自転車に気づかず接触事故を起こしたりするケースです。

 

左折をする場合は、特に後方左側にバイクが走っていないかを、早めに確認する必要があります。

ルームミラーとサイドミラーで確認するのはもちろんですが、

後方左側はミラーの死角になっていることが多いので、直接後方を目視で確認するのも大切です。

 

その後、早めに左ウインカーを出して、左に曲がることを後方を走る相手にアピールしましょう。

特に、後方からスピードを出して迫ってくるバイクがいる場合には、

バイクがすり抜けられないようにあらかじめ車を左に寄せるか、

先にバイクを行かせてから左折すれば巻き込み事故を防ぐことができます。

 

 

また、前方から横断歩道を渡りかけている歩行者や自転車が要る場合は、

相手が渡り切ってから左折しなければなりません。

 

後方のバイクだけに気を取られると、

横断歩道の確認を怠りがちになるので、しっかりと確認してください。

 

 

交差点の事故

 

 

事故の多発する交差点とは、どのような場所なのでしょうか。

統計的には交通量が多い交差点が事故の割合も高くなるのですが、

交通量が少ない交差点でも事故が多発することがあります。

 

見通しの悪い信号のない交差点や、

どちらが優先道路か分からないような小さな交差点では、

出会い頭の事故が多い傾向が見られます。

 

見通しの良い交差点でも、

視覚的問題により接近してくる車が止まっているように見えてしまう

「コリジョンコース現象」が発生することで、事故に繋がるケースがあります。

 

また、カーブの途中に交差点があり、

対向車が来ているかどうか分かりにくい交差点は、

対向車や歩行者の確認が難しいため、事故の発生率が高くなっているところもあります。

 

このような交差点は、普段以上に安全確認をした上で通行する必要があります。

 

 

 

コリジョンコース現象とは

 

 

錯覚が引き起こす事故原因のひとつです。

周囲に田畑が広がっている見通しのよい交差点で、

白昼にもかかわらずクルマ同士の出合い頭の衝突事故が起きることがあります。

 

地理的な条件から「田園型交通事故」、

北海道東部の十勝地方で多発したことから「十勝型交通事故」などとも呼ばれます。

 

この事故には、「コリジョンコース現象」が深くかかわっていると考えられます。

コリジョン(collision)とは英語で「衝突、激突」の意味です。

コリジョンコース現象の特徴は、

ドライバーが相手のクルマが近づいていたことに気づかない、

あるいは止まって見えてしまうことにあります。

 

たとえば、直角に交わる見通しのよい交差点に、

同じ速度で同時に接近する2台のクルマがあったとします。

 

そのとき、相手のクルマは常に斜め45度で進み続けます。

するとドライバーは近づいてくるクルマを止まっていると認識し、

注意を払わなくなってしまいます。

 

人間の視野には、物の色や形をはっきり認識できる「中心視野」と、

色や形の違いや動かないものは認識しづらい「周辺視野」があります。

 

ドライバーは横から近づくクルマを「周辺視野」でとらえやすいため、

交差車両が同じ速度・同じ角度で近づいてくると、

クルマが動いていないように見えて、直前まで危険を認識できず衝突してしまうことがあります。

 

 

交差点を通行するときの注意点

 

交差点を通行するときには様々な危険が潜んでいると言われています。

信号の整備等が進んで事故数が減少傾向にあるとはいえ、

事故原因は今も昔もそう変わっていません。

相変わらず多い事故原因の一つが「左折時の巻き込み事故」です。

 

巻き込み事故とは、

車が曲がる時に生じる前輪の軌道と後輪の軌道の違いによって生じる内輪差によって、

主に後輪側で歩行者や自転車を巻き込んでしまう事故の事です。

 

ホイールベースの長い車(バスやトラック等)ほど内輪差は大きくなり、

運転の時には特に注意が必要になってきます。

 

歩行者や自転車に乗っている人は、さほど車に関する知識はありません。

ドライバー主観だと「歩行者も分かっているだろう」と思いがちですが、

歩行者側からだと後輪がそこまで内側を通るとは思っていません。

 

その見解の相違が巻き込み事故を生み出す訳です。

 

よく言われる「余裕をもったドライビング」で交差点に入る時に歩行者等を見つけたら、

歩行者等を先にやり過ごす位の気持でドライビングすると事故が減っていくと思います。

 

 

交差点の通行

 

 

ホームへ

この記事に関連する記事一覧

comment closed

カレンダー
2019年11月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
カテゴリー
記事内検索
プロフィール

自動車販売連合会の仕事と、自動車教習所のコンピュータシステムに長いこと携わってきました。わりと複雑な自動車免許の取り方を、わかりやすくご説明できればと、このサイトを立ち上げました。多くの方がスムーズに免許を取ることができるように望んでいます。by Kinsan

 

最近の投稿
JAF

自動車保険を比べよう!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車検も賢くしよう!
お車の高価買取
車がもらえるカーリース

ページの先頭へ

error: Content is protected !!