自動車運転免許を取ろう!無線教習

自動車運転免許を取ろう!無線教習

無線教習とは

 

無線教習時には教習指導員は車両に同乗しません。

つまりは、教習生一人で教習車両の運転をすることになります。

指導員は無線室から、教習生が運転する車両を観察しながら無線による指示を出します。

 

 

どうしてこんな面倒くさいことをするのかというと、一人での運転に慣れてもらうためです。

 

隣に教官が座っている場合は危険なことがあればとっさに教官がとっさにブレーキを踏んでくれます。

しかし、実際の運転ではそんなことはありませんよね。

 

自分の危険は自分で回避しなければいけません。

そういったことにも慣れてもらうために無線教習をするのです。

 

「じゃあ、発進してください。次はクランクのコースに入ってください」

といったように無線から聞こえる教官の指示に従ってコース内を運転します。

 

 

 

無線教習に当たって定められている原則的な法令としては以下のようなものがあります。

 

「無線指導装置を用いて教習を行うことにより教習指導員が自動車に同乗して行う教習と

同等の教習効果をあげることができると認められるものについてのみ行うもの」

 

無線教習は必須項目でありません。

 

もとから方針上、無線教習を実施しない教習所もありますし、
教習生の運転技量的に無理な場合にも実施しません。

 

 

つまり、無線教習にまで漕ぎ着けたということは、教習所側から

「無線教習を行うに足る技量が身に付いている」 と判断されたという事です。

 

 

ちなみに、普通自動車の教習においては3時限を超えない

(3時限まで) 範囲で無線教習を実施できます。

 

内容については 「基本操作と基本走行」 についてのみ行うことができるとされており、
これはつまり第一段階の所内技能教習時にしか実施できないという事です。

 

所内でしか無線教習はできませんし、復習項目としてしか無線教習はできませんので、
まだ習っていない事を無線教習時にやらされる心配はありません。

 

外周走行、交差点の右左折、S字、クランク、
坂道発進、踏切通過、発着点への路端停車などが主になります。

 

 

 

 

無線教習中は、

必要であれば優先判断のミスがないよう、
運転操作で気になる所があれば、指導員は無線による口頭指示などは行います。

 

 

ただ、基本的には無線教習用のコースが決まっていますので、
指導員による道案内はないと思っておいて下さい。

 

事前に無線教習コースをよく把握しておく事が、
一番のリラックス方法でもあります。

 

知らない道を走るというのは、思いのほかに緊張しますからね。

主体的な運転ができるように、と無線教習を行うものですから、
まず走る道を覚えていなければなりません。

 

 

初めて一人で運転するわけですから、緊張もするでしょうが

路上に出る前の練習として、頑張ってやってみましょう!

 

 

 

 

 

ホームへ

comment closed

カレンダー
2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリー
記事内検索
プロフィール

自動車販売連合会の仕事と、自動車教習所のコンピュータシステムに長いこと携わってきました。わりと複雑な自動車免許の取り方を、わかりやすくご説明できればと、このサイトを立ち上げました。多くの方がスムーズに免許を取ることができるように望んでいます。by Kinsan

 

最近の投稿
JAF

自動車保険を比べよう!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車検も賢くしよう!
お車の高価買取
車がもらえるカーリース

ページの先頭へ

error: Content is protected !!