自動車運転免許を取ろう!自動車保険について勉強しよう!

自動車運転免許を取ろう!自動車保険について勉強しよう!

自動車運転免許を取ろう!自動車保険について勉強しよう!

自動車保険には、大きく分けて

「自賠責保険」と

「任意保険」という2種類があります。

もし自動車保険に入っていなかったら、交通事故によってケガを負わせてしまった治療代や、車の修理代なんかも、全部自分で払わなくちゃいけなくなります。

 

ちょっとした事故で、たいした金額じゃなければ払えるかもしれないけど、

大きな事故で相手に重い後遺症が残ったり、死なせてしまったりした場合は、億単位の賠償金を払う必要があります。

 

そんなときでも、自動車保険に入っていれば、交通事故でケガをさせてしまった相手の人の治療費や、

自分のケガの治療費、壊れてしまった車などの修理代も、契約した保険プランの上限金額を限度に、保険会社が払ってくれます。

 

自賠責保険とは?

自賠責保険とは自動車、バイク(原動機付自転車も含む)を運転する場合には、

必ず加入するように、法律(自動車損害賠償保障法)で決まっている保険です。

もし保険に入っていない人が交通事故を起こして、他人にケガをさせたり、死亡させたりしてしまった場合、多額の賠償金を払えない場合が考えられます。

 

そうすると、死亡したりケガをしてしまった被害者は、治療費などの賠償金を払ってもらえず、治療代などは自分で払って、泣き寝入りをすることになる可能性が高いわけです。

 

そこで、交通事故にあった被害者が泣き寝入りをすることなく、最低限度の保障を受けられるようにと、車やバイクを運転する人は全員自賠責保険に入るように、決まったのです。

自賠責保険

被害者の救済を目的とした、社会保障的な意味合いの保険

 

自賠責保険で支払われる保険金

自賠責保険で支払われる保険金(賠償金)の最高限度額は、

1事故1名につき、死亡の場合で3000万円、傷害は120万円、そして後遺障害が残った場合は、障害の程度に応じて75万円~4000万円と決まっています。

※被害者に重大な過失があった場合には、減額されて支給されます。

 

この金額は、被害者1人ごとに決められているので、1回の事故で複数の被害者がいた場合でも、保険金の額が減ったりするはありません。

 

例えば、1回の事故で3名死亡させてしまったような場合でも、1人1人に3,000万円ずつ支払われます。

 

また、複数回の交通事故を起こしても、その度に補償金が支払われます。

・死亡 3,000万円
・ケガ 120万円
・後遺障害 後遺障害の程度に応じた等級によって、75万円~4,000万円

 

等級と補償金額は下記の様になっています

第1級  4,000万円 又は 3,000万円
第2級  3,000万円 又は 2,590万円
第3級  2,219万円
第4級  1,889万円
第5級  1,574万円
第6級  1,296万円
第7級  1,051万円
第8級    819万円
第9級    616万円
第10級   461万円
第11級   331万円
第12級   224万円
第13級   139万円
第14級    75万円

 

自賠責保険だけでは補償金がたりない!?

自賠責保険で支払われる保険金だけでは、被害者に支払う賠償金が足りない場合が多くあります。

 

実際に交通事故で他人を死亡させてしまったり、重い後遺障害を負わせてしまった場合などは、1億、2億といった賠償金を支払うことが多々あり、とても自賠責保険の賠償金だけでは足りません。

 

交通事故で被害者を死亡させてしまい、賠償金2億円を払う必要になった場合でも、

自賠責保険では3000万円しか保険金が払われないのです。

 

残りの1億7000万円は自分で払う必要が出てきますが、

現実問題、これだけの金額を支払える人というのは殆んどいません。

 

この自賠責保険で足りない賠償金を補ってくれるのが、任意保険です。

 

また、任意保険では自賠責保険では補償できなかった、物の修理代や自分自身のケガの補償なども可能になります。

 

任意保険に加入するのは、ほとんど”当たり前”といっていいほど重要で、殆んどの人が加入しています。

 

自賠責保険に入っていなかった場合の罰則

自賠責保険に加入していなかったり、有効期限が切れていたりした場合は、

「1年以下の懲役、または50万円以下の罰金」

という罰則を受けることになってしまいます!

 

しかも、違反点数は6点なので、

「自賠責保険」未加入というだけで、一発で免許停止になってしまいます。

 

自動車や中型以上のバイクの場合は、自賠責保険に加入していないと車検を受けることが出来ませんし、車検の時に自賠責保険の契約更新を一緒に行うので、未加入や期限切れという心配は無いと思います。

 

でも、車検のない250cc以下のバイクや原付は、契約更新を忘れ無いように十分注意しておく必要があります!

 

また、加入していても、「自賠責保険証明書」を携帯していないと、

それだけで、なんと30万円もの罰金を支払わなければならなくなります!

 

さらに「自賠責保険」に未加入で交通事故を起こしてしまった場合、損害賠償はすべて加害者負担になってしまいます。

 

それと自賠責保険は、運転者ではなく自動車一台ごとに加入する仕組みになっています。

これは、少しでも加入漏れを少なくするための対処です。

 

任意保険とは?

 

任意保険は、自賠責保険では補償されない部分を補う保険です。

 

任意保険では、

・自分や相手の車の修理代

・破損させた公共物

・自分のケガ

・自賠責保険の補償額を超える金額の補償

などが可能になってきます。

 

任意保険には様々な種類があって、自分に必要な保険を選んで加入すればよいので、

全ての種類に加入しなければいけないという事はありません。

 

ですから、任意保険に加入しているといっても、加入している保険内容はみんな一緒ということはありません。

 

基本的に加入しておくべき任意保険は、

・「自賠責保険」

・「対人賠償保険」

・「対物賠償保険」

・「搭乗者傷害保険」、もしくは「人身傷害保険」

の4つだといわれています。

 

自賠責保険はどこの保険会社でも同じ価格ですが、任意保険では各保険会社でサービス内容も異なり、また同じ保険サービスでも保険会社によって価格が違うので、自分に合う保険を見極めることが大切です。

 

任意保険には7種類があります

1.対人賠償保険

他人にケガをさせてしまったり、死亡させてしまった場合を対象とした保険。

 

交通事故を起こして相手に大怪我をさせてしまい、治療費に500万円かかった場合、自分の過失割合が60%だったら、相手に補償される金額はいくらだろう?

 

下記のような条件として考えてみます。

●対人賠償保険金額「無制限」

●被害者対する損害賠償責任の額「500万円」

●自賠責保険で支払われる金額「120万円」

●加害者の過失割合「60%」

対人賠償保険の補償金額は、下記のような計算式で求められます。

(被害者の損害額 × 契約者の過失割合) - 自賠責保険の補償額 = 対人賠償保険金の支払い額

この式に実際に数字を当てはめていくと・・・

 

(500×0.6)-120=180

 

つまり、対人賠償保険金として支払われる賠償金額は180万円ということになります。

実際に相手に支払われる賠償金額は、

対人賠償保険金180万円+自賠責保険金120万円の、合計300万円ということになります。

 

この300万円というのが、自分の過失割合60%の金額です。

治療費に500万円かかったけど、相手も40%は悪いので残りの40%分、

つまり200万円に関しては相手の自己負担ということになります。

 

2.対物賠償保

他人の車や壁、ガードレールなど、物を破損させてしまった場合を対象とする保険。

過失割合」っていうのは、交通事故を起こした双方の過失の度合い、

つまり、どちらがどのぐらい悪いのかという割合のことです。

対物賠償保険で支払われる賠償金額は、対人賠償保険のときと同じように、自分自身の過失割合分だけが相手に支払われます。

 

例として、下記の条件の場合相手に補償される保険金額はいくらになりますか?

【物損事故例】

・対物賠償保険契約額 1000万円
・相手方の損害額 600万円
・加害者(契約者)の過失割合 70%

すると、計算式は下記のようになります。

 

被害者の損害額 × 加害者の過失割合 = 対人賠償保険金の支払い額

この式に数字を当てはめていくと・・

 

600×0.7=420

 

つまり、相手方には420万円の保険金が補償されます。

 

この例では、相手方への賠償金の支払額が420万円で、対物賠償保険の契約額が1000万円だったので問題はありませんでしたが、これが相手への支払いが1500万円だったとしたらどうでしょうか?

 

契約額の1000万円を超える分、つまり500万円に関しては自分で支払う必要が出てきますね。

 

店舗に誤って突っ込んだ場合や、電車と事故を起こした場合など、

非常に高額な請求をされる場合もありますから、対物賠償保険も「無制限」で契約しておくのが良いと思います。

 

3.搭乗者傷害保険

運転手を含む、すべての同乗者を対象とした、ケガや死亡した場合に支払われる保険。

 

搭乗者傷害保険の保険金の支払方法には、2つのタイプがあります。

 

1つ目は、保険金額×入院・通院にかかった日数分の金額が支払われる「日数払い」です

入院の場合1日につき保険金額の0.15%、通院の場合は0.1%が支払われようになっています。

たとえば1000万円で契約した場合、入院1日につき1万5000円、通院の場合は1万円が支払われます。

日数払いといっても、通院・入院にかかった全ての日数分が支払われるのではなく、

「平常の生活」、もしくは「業務に従事できる程度」に回復するまでの期間分が支払われます。

 

2つ目は、怪我をした部位ごとに決められた金額が支払われる「部位症状別払い」です

ムチ打ちは5万円、腕の骨折は35万円、足の切断は100万円などと、

あらかじめ部位ごとに決められた金額が支払われるというものです。

部位症状別払いの場合、回復に要した日数などとは関係なく、部位ごとに決められた金額が支払われます。

 

4.自損事故保険

他の誰も巻き込まずに、自分だけで起こした単独事故の場合に適用される保険。

 

自損事故傷害保険の補償内容は、死亡時に1500万円、

後遺傷害の場合50万円〜1500万円(介護が必要ない場合は350万円が上限)、

事故によるケガで入院した場合は1日あたり6000円、

通院では1日あたり4000円(ともに100万円を限度)となっています。

自損事故傷害保険の保険金は、搭乗者傷害保険とは別に支払われます。

 

5.無保険者傷害保険

相手が対人賠償保険に加入していない場合や、加入していても保険金が少なく、賠償金を支払う能力が無い場合に適用される保険。

 

無保険車傷害保険は、後遺障害や死亡した場合にのみ適用されるということで、

完治するケガの場合には適用されません。

 

ケガの場合には相手の自賠責保険で最高120万円までは保証されますが、それ以上は補償されないということになります。
入院で仕事が出来ない間の休業補償などの損害も、無保険者傷害保険では補償されません。

 

6.人身傷害補償保険

ケガをした場合の治療費等を、自身の過失部分も含めて全額負担してもらえる保険。

 

示談交渉の結果に関係なく保険金を受け取れる
通常、相手のある事故の場合は、示談が成立してからでなければ賠償金を受け取ることはできませんが、

人身傷害補償保険では示談の成立に関係なく保険金を受け取れます。

 

実際にかかった損害額を補償してもらえる
人身傷害補償保険は、自分自身の過失分を含めて、

実際にかかった損害(入院・通院費等の治療費、休業補償、慰謝料など)を補償してもらえます。

 

歩行中など、車に乗っていないときの事故も補償
契約者本人とその家族であれば、歩行中や自転車に乗っているときの自動車事故も補償されます。

 

単独事故も補償
不注意でガードレールにぶつかったなど、相手のいない単独事故の損害も補償されます。

 

7.車両保険

自分の車が破損した場合を対象とした保険。

 

車両保険は補償される金額に比べて保険料が割高な傾向にあるため、車両保険には入っていないという人も多いですね。

人それぞれの価値観によって変わってくると思うし、ケースによっても変わってくると思います。

 

どんなに最悪な事故でも損害は自分の払った自動車代だけなので、対人賠償保険とか対物賠償保険にくらべれば、

重要度はそこまで高くはないかもしれません。

 

 

ホームへ

この記事に関連する記事一覧

comment closed

カレンダー
2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリー
記事内検索
プロフィール

自動車販売連合会の仕事と、自動車教習所のコンピュータシステムに長いこと携わってきました。わりと複雑な自動車免許の取り方を、わかりやすくご説明できればと、このサイトを立ち上げました。多くの方がスムーズに免許を取ることができるように望んでいます。by Kinsan

 

最近の投稿
JAF

自動車保険を比べよう!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車検も賢くしよう!
お車の高価買取
車がもらえるカーリース

ページの先頭へ

error: Content is protected !!