自動車運転免許を取ろう!学科教習第一段階5・緊急自動車の優先

自動車運転免許を取ろう!学科教習第一段階5・緊急自動車の優先

緊急自動車等とは?

 

緊急自動車とは?

 

・緊急出動中の救急車

・パトカー

・消防車

・応急作業用自動車などです

その任務の重要性・緊急性の観点から、

一般の車に比べて、優先して通行することができます。

 

一般の車は緊急自動車の通行を妨げないよう、決められたルールに則って走行しなければなりません。

 

 

緊急車両の優先

 

一般車両の運転者は緊急車両の通行を優先させる義務を負うが、

具体的な対応は緊急自動車が接近する場所によって異なります。

 

そこでその根拠となる“道路交通法第40条”を載せますので、

これを見ながら各状況ごとの正しい対処法を確認してください。

 

(緊急自動車の優先)

 

1 交差点又はその附近において、緊急自動車が接近してきたときは、

 

路面電車は交差点を避け、車両(緊急自動車を除く。以下この条において同じ。)は交差点を避け、

 

かつ、道路の左端に

(一方通行となつている道路においてその左端に寄ることが緊急自動車の通行を妨げることとなる場合にあつては、道路の右側。次項おいて同じ。)

 

によって一時停止しなければならない。

 

2 前項以外の場所において、緊急自動車が接近してきたときは、

車両は、道路の左端によつて、これに進路を譲らなければならない。

 

道路交通法第40条より

 

 

緊急自動車が接近してきた際の道の譲り方は?

 


原則的に左に寄って避ける(交差点以外の場合)

 

「一時停止」や「徐行」は、義務ではありません。

従って、「緊急自動車が接近してきた場合、必ず左側に寄って停止しなければならない」

という問題が出された場合には、「×」が正解になります。

 

 

交差点付近で緊急自動車が接近してきた場合は?

 

この時は交差点を避けて、道路の左端に一時停止をしなければなりません。

「交差点付近で緊急自動車が接近してきた場合、必ず交差点を避けて左側に寄って停止しなければならない」

という問題が出された場合には、「○」が正解になります。

 

 

 

一方通行の道路で緊急自動車が接近してきた場合は?

右側に寄って道を譲ることもできます。(左側よりも右側に避けるほうが都合が良い場合)

 

 

一方通行の道路の交差点付近で緊急自動車が接近してきた場合は?

 

左右の避けやすい方に車を寄せて一時停止をする。

 

 

 

緊急自動車が接近してきた際の道の譲り方は

 

緊急自動車(緊急出動中の救急車・パトカー・消防車・応急作業用自動車など)は、

その任務の重要性・緊急性の観点から、その他の一般の車に比べて、優先して通行することができます。

逆に言えば、一般の車は緊急自動車の通行を妨げないよう、決められたルールに則って走行しなければなりません。

緊急自動車が接近してきた際の道の譲り方は、それほど複雑なものではありません。

ポイントは、「(交差点以外の場合)原則的に左に寄って避ける」ということを踏まえつつ、

 

・「交差点付近の場合の例外」と

・「一方通行の道路の場合の例外」

 

を覚えておけば、試験問題は解くことができるでしょう。

まず、「原則的に左側に寄って避ける」という点をしっかり抑えておきましょう。

ここでは「一時停止」や「徐行」は(必要と判断すれば別ですが)義務ではありません。

 

次に、「交差点付近で緊急自動車が接近してきた場合」ですが、

この時は(原則とは反対に)、交差点を避けて道路の左端に一時停止をしなければなりません。

「一方通行の道路で緊急自動車が接近してきた場合」ですが、

この場合には対向車がないので、(左側よりも右側に避けるほうが都合が良い場合)

右側に寄って道を譲ることもできます。

 

更に、「一方通行の道路の交差点付近で緊急自動車が接近してきた場合」は、

左右の避けやすい方に車を寄せて一時停止をする、ということになります。

 

交差点の手前

 

交差点の手前で緊急車両が接近してきた場合は、

交差点へ進入せずに道路の左端に寄って停止するのが正しい対応の仕方です。

 

交差点内への進入が許されない状況だけに徐行では不十分であり、

確実に一時停止しなければならないことがポイントになります。

 

 

片側2車線道路の右側の通行帯(追越車線)を走行している場合は迅速に左側車線へ移動し、

緊急自動車のために右側車線を空けることが望ましいが、

渋滞しているなどの交通の状況次第ではそれが困難なケースもあります。

 

 

その場合はとにかく緊急車両の通行の邪魔にならないよう臨機応変に対応したいところだが、

緊急車両のマイクによる指示を受けた時はそれに従うようにしよう。

 

 

交差点内

 

交差点内で緊急自動車が接近してきた場合には

交差点を出てから道路の左側に寄って停止しなければなりませんが、

交差点の手前の場合と同様に徐行では不十分です。

 

 

交差点内にとどまることは許されず、一刻も早く交差点外へ脱出すべく迅速に対処したいが、

前が進まないなどの理由でそれが困難な場合にも緊急自動車の進行を妨害することがあってはなりません。

 

 

現場の状況次第では困難を極めるかもしれませんが、

とにかく緊急自動車の通り道を空けるべく努力しましょう。

 

 

その他の場所

 

交差点以外の場所を通行中に緊急車両が接近した場合は

道路の左端によって進路を譲ることになりますが、必ずしも一時停止する必要はありません。

 

法律上は特に徐行する必要もありませんが、

安全を考慮すればやはり走行速度を落とすのが望ましいことは明らかであり、確実な対応が求められます。

 

 

FAST(現場急行支援システム)

緊急車両の現場急行をサポートします。

FAST(ファスト)とは、

緊急車両の通行を感知した時点で信号機の優先制御を行い、救急車の患者搬送時間を短縮するほか、

救急車やパトカーの現場への到着時間短縮を図るとともに、緊急走行に起因する交通事故を防止するシステムです。

 

 

さらに・・・

緊急車両を走行する付近に設置された“交通情報板”及び

光ビーコンに対応した“カーナビの簡易図形”で緊急車両の接近をお知らせします。

 

この表示が出ているときは、緊急自動車が接近していますので、

緊急自動車の円滑な通行にご協力をお願いします。

 

 

※交通情報板表示例

 

 

 

 

ホームへ

 

 

comment closed

カレンダー
2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリー
記事内検索
プロフィール

自動車販売連合会の仕事と、自動車教習所のコンピュータシステムに長いこと携わってきました。わりと複雑な自動車免許の取り方を、わかりやすくご説明できればと、このサイトを立ち上げました。多くの方がスムーズに免許を取ることができるように望んでいます。by Kinsan

 

最近の投稿
JAF

自動車保険を比べよう!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車検も賢くしよう!
お車の高価買取
車がもらえるカーリース

ページの先頭へ

error: Content is protected !!