自動車運転免許を取ろう!技能教習13・障害物への対応

自動車運転免許を取ろう!技能教習13・障害物への対応

技能教習13・障害物への対応

 

障害物を早く見つけよう!

 

教習所のコースの中には、障害物に見立てたオブジェクトがあるはずです。

 

それが工事現場で見かけるコーンであったり、縁石であったり形態は様々ですが、

設置しないといけないことになっています。

 

一見「ただよけるだけ」に見えるのですが、

そのシンプルな行動も初めて実践する人にとっては大変な作業です。

 

まず障害物に対して水平によけることが出来ませんね。

離れるか戻るかのどちらかです。

 

 

教習所に通う大多数の人は障害物に近づいてからよけようと動きます。

その動きが直前になればなるほど急角度でよけなければならず、

ハンドル操作も無駄に多くなってしまいます。

 

そのため戻す際にもハンドルの回転力が追い付かず、

結果としてふらついて走行してしまうのです。

 

理想的なよけ方は障害物に対して水平によけることです。

このとき不意なドアの開閉による接触を避ける為、

最低でも1.5mは障害物から離れましょう。

 

 

早めのハンドル操作をしよう!

 

 

さきほど障害物に対して早めによける準備をすることが大切だと言いました。

そのためには視線の先の障害物をいち早く察知する能力が不可欠です。

 

教習所の中では滅多なことがない限り、

移動しない障害物をよけるために機械的な作業になりがちですが、

これが路上になると障害物は不定期に発生します。

 

道路工事であるとか、宅配便のトラックであるとか

様々なものが障害物としていつ発生するのか分かりません。

 

 

このような環境下でも

スムーズに障害物を発見する能力があれば対応が迅速に行えます。

 

特に路上教習では対向車の動きが重要になるので、

それらを判断する時間を考えても早いにこしたことはないのです。

 

 

日頃から目線を遠くに向けて、

危険をいち早く察知しようとする意識が大切ですね。

 

 

どちらが優先でしょうか?

 

片側1車線ずつの道路で、
自分が走っている車線が障害物(駐車車両等)でふさがれているとします。

当然、その障害物をよけるには対向車線にはみ出すことになりますが、
対向車が来ている時は、はみ出さずに待っているのが基本です。

 

では、

その対向車が、その障害物より手前(こちらから見れば障害物より先)の路地へ
右折しようとしている場合は、こちらはどうするべきでしょう。

実際にそういう場面に出くわすと戸惑いそうですね。
でも、落ち着いて考えればそんなに難しくありません。

この場合、相手(対向車)は、“右折車”になったのです。
一方、こちら側は障害物を越えるのであっても“直進車”なのです。

この関係は、仮に「衝突した瞬間」をイメージしてみれば解りやすいでしょう。
ですから、このケースでは、「こちらが優先」というのが正解です。

 

 

障害物一発合格!


ホームへ

comment closed

カレンダー
2019年11月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
カテゴリー
記事内検索
プロフィール

自動車販売連合会の仕事と、自動車教習所のコンピュータシステムに長いこと携わってきました。わりと複雑な自動車免許の取り方を、わかりやすくご説明できればと、このサイトを立ち上げました。多くの方がスムーズに免許を取ることができるように望んでいます。by Kinsan

 

最近の投稿
JAF

自動車保険を比べよう!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車検も賢くしよう!
お車の高価買取
車がもらえるカーリース

ページの先頭へ

error: Content is protected !!