大型免許の魅力と現状

大型免許などの特車免許は「就職・転職に有利なプロ免許の資格!」

大型免許などの特車免許は「就職・転職に有利なプロ免許の資格!」

 

大型免許の魅力

大型免許の特徴は主に取得方法やその条件、取得費用に注意するとスムーズに免許の所得につなげられます。

大型免許を所得することで

今まで運転することが出来なかった大きさの車を運転できるようになることから、

 

運転を仕事する方であれば、仕事の幅を大きく広げることが可能です。

 

取得には通いながらの方法と

合宿して短期間で試みる免許合宿という方法の二つがあります。

 

通いながら積み重ねていく方法は手間もかかりますが、

1つの教習所で大型車を普通車ほど保有している教習所はありません。

 

多くても3台程度、そんな教習所車の台数制限を理由から、

なかなか乗車の予約ができないケースもあります。

 

 

免許合宿による免許の取得は、

定められた期間の範囲によりカリキュラムが綿密に考えられているため、

通いながらのように考える必要を最小限に抑えます。

 

取得費用の中には、

宿泊代や食事代が含まれている教習所があり、含まれていないところを選択する方法もあります。

 

全体の取得費用がリーズナブルな魅力を持った、大型免許の取得を実現させます。

 

大型免許の取得は、自分にとって魅力を感じられる通いや合宿の方法を選択することが大切です。

 

大型免許と中型自動車免許の違いと共通点

大型免許を取得するには、

現在保有している免許の種類や条件により費用や日数が異なります。

 

また、中型自動車免許を取得せずに大型に挑戦することは高いレベルが求められます。

 

中型を飛ばして大型免許の実現は可能ですが、

普通車からいきなりの大型車は車両感覚に関してもさまざまな食い違いが存在しています。

 

慣れていた概念から、

今までには考えられない概念の変化に対応するためには個人差もありますが、

時間を要することが基本です。

 

そのため、中型を経験しておくことも役立てられます。

 

 

そのほかにも、中型免許を取得していると得られるメリットがあります。

 

 

中型自動車免許は、車幅や運転席の構造が近いことから、

エアーブレーキなども大型免許の大型車と共通点が存在しています。

 

そのため中型免許の経験がスムーズな取得につなげられます。

中型を所得してから大型免許に挑戦することの方が全体の取得費用を安く抑えることが可能です。

 

大型免許の種類と取得費用の相場

大型免許の取得費用の相場を把握することも大切な近道につながります。

 

取得にかかる費用は、

・普通車の免許を持っている場合

・中型車の免許を持っている場合

によっても変化が生じてくるので、事前に注意しておくことが大切です。

 

普通車免許から大型免許に挑戦することよりは、

中型車免許から大型に挑戦する方が約15万円近くも、取得費用を安く抑えられる相場の特徴があります。

 

また、誰でも利用できるとは限りませんが、利用条件に該当する方なら、

教育訓練に関する国の制度を活用すると最大で10万円までの費用が給付されるので

安く取得費用が抑えられます。

 

大型免許には、トラックとバスの運転が存在しています。

 

 

第一種と第二種の種類に分かれており、

第二種が付く場合は業務における旅客を乗せる際に求められるため、

 

二種免許が別途必要です。

 

荷物などではなく、

多くの旅客を乗せるという意味でトラックの第一種を強化した特徴があり、

費用の違いもあるので事前の確認をしていくと役立てられます。

 

大型免許を取得するときは、

取得費用や第一種と第二種の違いにも注意した上で、

通いながらの取得や免許合宿による取得のどちらかを選択が必要です。

 

大型免許などの特車免許は「就職・転職に有利なプロ免許の資格!」

特車免許には、

・大型免許

・中型免許

・準中型車免許

・大型特殊免許

・けん引(牽引)免許)

があります。

 

 

免許の種類によって運転できる車は異なります。

・大型免許及び中型免許は運送業や配送業

・大型特殊免許は建設業

・けん引免許は運送業

などで活躍しております。もちろん他の業種でも活躍しています。

平成19年6月1日までは、

普通自動車免許と大型自動車免許の2区分でしたが、

 

平成19年6月2日以降は、中型自動車免許が新設され

・普通自動車免許

・中型自動車免許

・大型自動車免許

の3区分になりました。

 

これは、昔からの法律では

普通自動車免許を取得すれば車両総重量8トン未満までの大きな自動車を運転できました。

 

ですが、普通車と8トントラックでは

特性も視界も大きく違うことから事故も多発傾向になってきたので、

普通自動車免許と大型自動車免許の間に中型自動車免許を新設したものです。

 

しかし運送業界などから経歴をつまないと取れない資格では人材を確保できないと免許制度の改正を要望中で、政府では中型免許の取得条件の変更や新たに免許区分の新設を検討しているところです。

 

建設業界や運送業界では運転手不足という状況が続き、

特車免許を取得できる全国の教習所では転職や就職を希望する方で混雑している状況です。

 

そんな中、通学で特車免許を取得しようとしても

短期間で取得できないことを理由に合宿免許で取得しようとする方が多くなっております。

 

 

特に免許制度の改正後教習車量の基準も改正され、

大型自動車では車長11~12mクラスの車両が使われるので、

そのサイズの教習車両が走ることが出来る教習所は全国でも限られてしまいました。

 

合宿で大型自動車免許などの特車免許を取得できる教習所もそう多くないことから、

住所地から近隣の教習所への参加だけでなく遠方の教習所へ行かれる方も数多くみられます。

 

厚生労働省が行っている給付金制度を活用して

参加費用を抑えたい方はさらに対象校が少なくなります。

 

大型特殊免許だけ取得しても公道を運転できるのですが、実際の作業をすることはできません。

 

作業をするためには

作業に係る労働基準局長登録機関の講習である

車両系建設機械講習などを受講し資格を取得する必要があります。

 

大型特殊自動車の代表例

この代表例としては、主に以下の3つが挙げられます!

 

1.ショベルローダー

 

まず、ショベルローダーとは前方部分に、

パワーショベルやバケットを装備した特殊車両のことです!

工事現場などでは、一般的に土砂を積み込む用途で活躍しています。

 

構造としては2輪駆動であり、

バケット部分には爪がないため、砂利や砂の積み下ろしなどに使用されることが多くなっています。

 

2.ラフタークレーン

ラフタークレーン(ラフテレーンクレーン)は、

建築現場となる荒れた不整地でも、容易に走行ができるクレーン車の一種です。

また、駆動源は1つのエンジンで行っているため、

走行・吊り上げ・旋回などの動作を全て補っています!

 

さらに、4輪駆動(4輪操舵)システムを搭載しているので、

悪路や狭路などでも走行や作業を可能にしています。

 

3.ホイールローダー

ホイールローダーとは、主に土砂や砕石などの粉体、

または粒体物をダンプカーに積み込んだり、構内短距離運搬する作業で用いられている建設機械のことです。

車輪で走行するのも大きな特徴であり、

4輪駆動であることが多くなっており、不整地・急傾斜地を楽々走行することが可能です。

 

ホームへ

カレンダー
2019年10月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
記事内検索
プロフィール

自動車販売連合会の仕事と、自動車教習所のコンピュータシステムに長いこと携わってきました。わりと複雑な自動車免許の取り方を、わかりやすくご説明できればと、このサイトを立ち上げました。多くの方がスムーズに免許を取ることができるように望んでいます。by Kinsan

 

最近の投稿
JAF

自動車保険を比べよう!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車検も賢くしよう!
お車の高価買取
車がもらえるカーリース

ページの先頭へ

error: Content is protected !!