悪条件化での運転

自動車運転免許を取ろう!学科教習第二段階8・悪条件下での運転

学科教習第二段階8・悪条件下での運転

運転における悪条件下とは

・人の体調が及ぼす悪影響

・自然環境から起因する悪影響

との2種類があります。

 

 

風邪などで熱がある場合や、体調が悪い状況では

判断力が鈍り事故につながる可能性があるため運転をしないことです!

どうしても予定が変更出来ない時にはタクシーなどで、他の方法を使うことです。

自然環境的な悪条件を細分化すると

・夜間

・雨

・霧

・雪

に分けられます。

 

特に夜間の運転は昼間に比べると、

歩行者や他の車が見えにくく視界が悪くなるので、慎重に運転する事が大切です。
また、夜間に運転する時には前照灯・車幅灯・尾灯を付ける必要があります。

 

夜間は昼間とちがい、歩行者やほかの車がみえにくくなり、発見が遅れることがあります。

前照灯の光は上向きで100メートル、下向きで40メートル前方の障害物を確認程度の明るさです。

たとえば、下向きのライトで時速60キロメートルを走行していて障害物を発見した場合、

障害物を避けきれない可能性があります。

 

(時速60キロメートルのときの停止距離は約44メートルです)

昼間では対応できる状況でも夜間では少し速度を落とし

車間距離を長めにとって運転するようにしましょう!

 

ロービームの限界

 

夜間は黒い服を着ている人が見えにくくなります。

運転中はこれらの人を見落とさないようにしましょう!
逆に外を歩くときは運転者に発見されやすいように白っぽい色の服を着ることをお勧めします。

 

夜間の運転の注意点

 

 

夜間などに道路に駐停車するとき

夜間、やむを得ず道路に駐停車するときは、非常点滅表示灯、駐車灯または尾灯をつけなければなりません。

昼間でも、トンネルの中や濃い霧の中などで50メートル先が見えないような場所に駐停車するときも同じです。

 

しかし、道路照明などにより50メートル後方から見える場所に駐停車しているときや、

停止表示器材を置いて駐停車しているときは別です。

 

夜間、高速道路でやむを得ず駐停車する場合は、

非常点滅表示灯、尾灯、駐車灯を付けるほか、停止表示器材を置かなければなりません。

 

霧や雪のときの運転

霧のときは、前照灯またはフォグランプを早めに点灯します。

そして中央線やガードレール、前の車の尾灯をめやすに、十分に車間距離をとり速度を落として走行します。

前照灯を上向きにすると霧に反射して見えにくい場合があります。

その場合は見通しが悪くなるので下向きに変えましょう!

 

特に雪の時は路面が凍結している時があるので、出来るだけスピードを抑え安全運転を心掛けましょう。

 

 

 

ホームへ

カレンダー
2019年10月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
記事内検索
プロフィール

自動車販売連合会の仕事と、自動車教習所のコンピュータシステムに長いこと携わってきました。わりと複雑な自動車免許の取り方を、わかりやすくご説明できればと、このサイトを立ち上げました。多くの方がスムーズに免許を取ることができるように望んでいます。by Kinsan

 

最近の投稿
JAF

自動車保険を比べよう!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車検も賢くしよう!
お車の高価買取
車がもらえるカーリース

ページの先頭へ

error: Content is protected !!