坂道の通行

自動車運転免許を取ろう!技能教習9・坂道の通行

技能教習9・坂道の通行

 

坂道で安全走行をするためには

 

 

坂の頂上付近では、駐停車せず徐行する

坂の頂上付近では、一時停止の指定がある場合等を除いて駐停車せず

(道路交通法第44条第1項)、頂上手前でスピードを落としましょう。

頂上を通過するときは徐行し、坂の向こう側の安全確認をしてから下り始めましょう。

 

 

下り坂では、速すぎず遅すぎない法定内のスピードを保つ

スピードが出やすい下り坂では、こまめにスピードメーターを確認して、

エンジンブレーキを活用しながら、速すぎず遅すぎない法定内のスピードを保ちます。

 

オートマチック車のギアは
セカンドに入れ、勾配の急な下り坂の場合はローに入れなおします。

マニュアル車のギアは

下り坂の勾配に合わせてギアを下げ、

ブレーキを踏み込まなくても適切なスピードで下れるようにします。

 

道幅が狭い坂では、下りの車が一時停止して道を譲ります

道幅の狭い坂では、車がすれ違うのにどちらかが一時停止をする必要があります。

上りの車は停止すると発進するのが難しいので、下りの車が一時停止して道を譲ります。

待避所がある場合は、上りの車でも待避所に入り、一時停止して道を譲ります。

 

 

坂道で一時停止するときは、車間距離をとりパーキングブレーキをかけます

赤信号や一時停止等により、坂道で車を停止するときは、

発進時に余裕をもって操作できるよう車間距離を十分にとり、

車が動かないようにパーキングブレーキをかけます。

 

 

上り坂での発進は、アクセルを踏みながらパーキングブレーキを外します

 

 

 

上り坂では、ブレーキを解除したときに車が後退し、後続車に衝突する危険性があります。

オートマチック車は
アクセルを軽く踏みながら、パーキングブレーキを外します。
マニュアル車は
半クラッチでアクセルを軽く踏み、エンジンの回転数を上げ、パーキングブレーキを外します。

 

 

下り坂での発進は、パーキングブレーキを外してからペダル操作をします

下り坂で平坦な道路と同じようにアクセルを踏み込むと、急発進する危険性があります。

オートマチック車は
ギアは低速のままパーキングブレーキを外してから、足をブレーキからアクセルへと移動します。
マニュアル車は
ギアは低速のままブレーキとクラッチを踏み、

パーキングブレーキを外して、ブレーキから足を離し、アクセルを踏み込みます。

 

坂道ではこまめにスピードメーターを確認し、一定のスピードを保ちます!

 

 

 

坂の頂上付近には危険が!

 

 

坂の頂上付近では、坂の向こう側の交通状況を把握することが困難です。

頂上付近で駐停車すると、自車を追い越そうと後続車が対向車線に出たときに、

坂の向こう側から対向車が現れ衝突事故を誘発するおそれがあります。

 

また、スピードが出たまま坂の頂上を通過すると、その先が渋滞していたり、

駐車車両があったりした場合に気づくのが遅れ、追突する危険性があります。

 

そのため、道路交通法第44条第1項でも頂上付近での駐停車は禁じられています。

 

坂の頂上付近では、

見えない危険が潜んでいることを考慮して慎重に運転しなければいけません。

 

 

 

坂道の通行

 

 

ホームへ

カレンダー
2019年12月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー
記事内検索
プロフィール

自動車販売連合会の仕事と、自動車教習所のコンピュータシステムに長いこと携わってきました。わりと複雑な自動車免許の取り方を、わかりやすくご説明できればと、このサイトを立ち上げました。多くの方がスムーズに免許を取ることができるように望んでいます。by Kinsan

 

最近の投稿
JAF

自動車保険を比べよう!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車検も賢くしよう!
お車の高価買取
車がもらえるカーリース

ページの先頭へ

error: Content is protected !!