時期をとらえた発進と加速

自動車運転免許を取ろう!技能教習6・時期をとらえた発進と加速

技能教習6・時期をとらえた発進と加速

 

タイミングのよい発進と力強い加速

ここでの教習はスピードを出す事。

怖がらずに加速する!これが重要です。

 

教習所で免許を取るにはゆっくり安全に走っていますが、実際は違います。

 

路上に出たら、流れに沿ったスピードを出さないといけません。

ゆっくりだから、安全とは言えません。

 

 

発進の確認

それでは大切な事なので、

ここで発進の確認手順をおさらいしておきましょう。

 

発進する際には左後方、左側方、左ドアミラー、ルームミラー、

右ドアミラー、右側方、右後方と周りをすべて確認します。

 

ポイントは、

首をまず後ろの方に向け、左後ろを見て、

その後、ぐるっと首を回して右後ろを振り返るようにします。

 

発進の際にこの確認が無いと検定で、減点の対象になります!

 

 

エンジン始動

 

 

乗車後の準備が整ったら
まずはエンジンの始動です。

 

MT(マニュアル)の方ギヤはニュートラルですか?
AT(オートマ)の方ギヤはパーキングですか?

ハンドブレーキ(駐車ブレーキ)は掛かっていますか?

 

それではメインキーを一番右に回しスターターを始動させ
エンジンをかけて下さい!

 

さあ!いよいよ発進ですが、その前に

まずは、車の周囲を自分の眼とミラーで確認です。
(左、右と良く見て)
次に発進の為の合図(右への方向指示器を出す)。

 

そしてギヤを入れて(MTはローへ ATはドライブへ)
最後にハンドブレーキ(駐車ブレーキ)を解除します。

 

後は後方、側方から近づいてくる他の車両がいなくなる
まで待ち、状況が良くなったら発進です!

 

文章で書くと複雑にみえますが、慣れてくれば簡単ですよ!

 

 

交通状況の把握

運転中は2つのバックミラーを使い、状況を随時把握していきます。

そこで重要なのが2つのミラーの見え方の違いです。

1.ルームミラーは平面鏡を使用しています。

 

特徴は、写ってる物の大きさはそのまま見えます。

 

 

2.ドアミラーは凸面鏡を使ってます。

 

特徴は、物が小さく写ってしまいます。

 

大切なことは、

ドアミラーだけに頼ってしまうと

後方から近づく車両の速度と距離感

間違ってしまうのです!

 

 

車の死角

 

 

さらに2つのミラーには写らない部分の死角があるのです

そこを自分の眼で直接確かめる安全確認が重要です!

そして、しっかり状況をとらえてタイミングのよい発進をして下さい

安全に発進が出来たら、怖がらずしっかりアクセルを踏んで
力強い加速をして流れに乗っていきましょう!

 

 

 

 

 

ホームへ

カレンダー
2019年10月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
記事内検索
プロフィール

自動車販売連合会の仕事と、自動車教習所のコンピュータシステムに長いこと携わってきました。わりと複雑な自動車免許の取り方を、わかりやすくご説明できればと、このサイトを立ち上げました。多くの方がスムーズに免許を取ることができるように望んでいます。by Kinsan

 

最近の投稿
JAF

自動車保険を比べよう!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車検も賢くしよう!
お車の高価買取
車がもらえるカーリース

ページの先頭へ

error: Content is protected !!