準中型自動車・準中型免許とは?

自動車運転免許を取ろう!準中型自動車・準中型免許とは?

自動車運転免許を取ろう!準中型自動車・準中型免許とは?

貨物自動車による交通死亡事故の削減と、若年者の雇用促進のため、

平成29年3月12日から、普通自動車、中型自動車、大型自動車に加えて、

車両総重量3.5トン以上7.5トン未満等の自動車が新たに「準中型自動車」として新設され、

これに対応する免許として「準中型免許」及び「準中型仮免許」が新設されました。

(注記)改正前の普通免許又は中型免許を受けている方は、改正後も同じ範囲の自動車を運転することができます。

(例:改正前の普通免許は、車両総重量5トン未満及び最大積載量3トン未満の限定が付された準中型免許とみなされます。)

 

準中型免許に係る初心運転者期間制度

準中型免許を受けた方で、免許取得後1年未満の方が準中型自動車を運転する場合には、初心者マークを表示しなければなりません。

(準中型免許を取得した方が、

普通自動車を運転する場合及び普通免許取得後2年以上経過して準中型免許を取得した場合等は対象となりません。)

 

また、準中型免許を受けた日から1年間(初心運転者期間)に違反をし、

一定の基準に該当することとなった場合には再試験の対象となります。

 

卒業証明書又は技能検査合格証明書を有する方の扱い

東京都内にお住まいの方で、普通免許に係る指定自動車教習所の卒業証明書又は他道府県の運転免許試験場の技能検査合格証明書をお持ちの方は、東京都内の運転免許試験場に必要な書類を提出し、運転免許試験(学科試験等)の手続きを経て免許証の交付を受けることになります。

運転免許試験の合格日が、施行日前か施行日後かによって運転可能な自動車の範囲が変わります。

運転免許試験を受験する日にご注意ください。

 

 

準中型免許で乗れる車両の最大積載量と最大総重量は?

準中型免許で乗れる車両の最大積載量は4.5トン、最大総重量は7.5トンとなります。

現行の普通免許は、最大積載量3トン、最大総重量5トンなので、

準中型取得により、4トントラックなどの小型貨物自動車を18歳から運転できるようになります。

 

4トントラックの「4トン」とは、積載量のことを指すので、普通免許では乗ることができません。

 

準中型免許で乗れる車両の乗車定員は?

乗員定員は普通免許と変わらない!

準中型免許で乗れる車両の乗車定員は、結論から言うと普通免許と変わりはなく、「10人以下」という条件が付けられています。
「10人以下」という条件は、8トン限定の中型免許以下の免許に付与される条件となっています。

なので、マイクロバスなどの小型バスの運転でも、準中型免許では不可能です。

 

準中型免許を取得するメリットとデメリットとは?

準中型免許取得のメリットについて

今回の改正の大きなポイントは、「流通業界の新卒採用」をスムーズにすることと言えます。
高校卒業時の新卒者が、流通系の会社に入社し、

4トントラック以上の車両の運転が必要になったときにわかりやすいメリットが挙げられます。

 

4トントラックは現行の普通免許では運転できませんし、

運転可能な中型免許も「普通免許取得から2年が経過していること」と「20歳以上」という条件が付けられているため、高卒新卒者にとっては八方ふさがりの状態ができてしまいます。

これを解消するのが、18歳から取得できる準中型免許の存在と言うことができるでしょう。

 

準中型免許取得のデメリットについて

端的に言うと、制度がややこしくなることがデメリットと言えます。

道路交通法改正の度に、これまでの普通免許の既得権を保護するために、免許に「限定」の文字が付きます。改正されたからといって、運転できる車両は変わりませんが、免許の名前が変わるというのは単純に混乱しますよね。

 

普通免許が勝手に準中型免許に変わってしまうって本当?

普通免許が勝手に準中型免許に変わってしまうのは本当です。

平成19年の改正から平成29年の改正の間に、普通免許を取得した方は、「5トン限定」の準中型免許に変わります。なぜこんなややこしいことをするかというと、改正後の普通免許と区別をつけるためなのです。

 

改正後の普通免許と準中型免許の区分けはどうなる?

 

 

改正後の普通免許は、現行の普通免許よりも運転できる車両の条件が狭くなります。

具体的には、最大積載量が2トン未満、最大総重量が3.5トン未満となります。

 

つまり、改正後の普通免許では2トントラックは運転できませんが、

現行の普通免許が限定の準中型免許に変更になっても2トントラックは運転できます。

 

この区分けは、普通免許で乗れる車両を狭めることで、

慣れないトラックを運転する人による事故を削減する効果も期待されています。

 

これから準中型免許を取る場合の取得方法とは?

準中型免許の施行日から、教習所にコースが追加されたので、そこで取得します。

普通免許と同様、学科教習と場内・路上教習が行われます。

ちなみに、検定で使用される車両は、ダブルキャブのトラックとなります。

ダブルキャブ採用の理由は、次に検定を行う人を載せるためとのことです。

 

準中型免許における限定解除とは?

現行の普通免許は、改正後は5トンの限定付きの準中型免許に変更となりますので、

この限定を解除するという意味の「限定解除」となります。

現在は現行の普通免許を所持していて、今後4トントラック等を運転する必要が出てきた人が行うことになるでしょう。

準中型免許の限定解除は、これまでの中型限定解除やAT限定解除と同様に、教習所で行うものです。

限定解除の場合は、学科教習はなく、技能教習が4項目あるのみで、解除は比較的容易であると言えます。

 

参考動画

 

 

 

ホームへ

カレンダー
2019年12月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー
記事内検索
プロフィール

自動車販売連合会の仕事と、自動車教習所のコンピュータシステムに長いこと携わってきました。わりと複雑な自動車免許の取り方を、わかりやすくご説明できればと、このサイトを立ち上げました。多くの方がスムーズに免許を取ることができるように望んでいます。by Kinsan

 

最近の投稿
JAF

自動車保険を比べよう!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車検も賢くしよう!
お車の高価買取
車がもらえるカーリース

ページの先頭へ

error: Content is protected !!