二輪免許の種類

普通二輪免許を取ろう!二輪免許の種類

二輪免許の種類

 

原付免許

 

7種類の二輪免許の中で、原付免許は最も手軽に取得できる免許と言えるでしょう。

・原付免許を持っていると、50cc以下のバイクに乗ることができます。

 

簡単な適性試験(視力・聴力・身体能力などについての検査)で問題が見られなければ学科試験を受講し、

90%以上の正答率で実技講習へ進むことができます。

3時限の乗り方講習で学科と技能を学べば原付免許が交付されます。

 

普通免許(四輪)を持っている人は、原付一種に乗ることができます。

 

 

原付1種と原付2種の法律上の違い
原付1種 原付2種
制限速度 30km/h 60km/h
公道で走るところ 車道左側のみ 車道(車と同じ)
2人乗り 禁止 可能
2段階右折 あり なし
高速道路 禁止 禁止

 

 

原付1種と原付2種の保険料や税金の違い
原付1種 原付2種
軽自動車税 1000円 1600円
自賠責保険料 1万7150円/5年 1万7150円/5年
車検 なし なし
任意保険 7万1200円/年 7万1200円/年
ファミリーバイク特約 可能 可能
盗難保険 9800円/年 12800円/年

 

 

原付1種と原付2種の違い
原付1種 原付2種
車両価格 10~20万円 20~30万円
燃費 良い 悪い
パワー 小さい 大きい
免許取得費用 7750円 AT:6~9万円
MT:8~10万円
車種ラインナップ 多い 少ない

 

 

小型限定普通二輪免許

 

小型限定普通二輪免許を持っていると、125cc以下のバイクに乗ることができます。

 

免許の取得に教習所を利用する場合は、適性試験の後に学科教習と試験を受け、合格すれば技能教習へと進みます。

教習所のコースと実際のバイクを用いて知識と技術を学び、試験官立会いによる卒業検定で70点以上を獲得すれば卒業となります。

 

卒業後の免許試験では適性試験・学科試験(正答率90%以上で合格)をクリアすれば免許が取得できます。

 

 

教習所を利用せずダイレクトに免許試験を受験する場合は、

試験場にて適性試験・学科試験、技能試験・講習を受け、免許が交付されます。

 

 

 

AT小型限定普通二輪免許

免許取得までの流れとしては小型限定普通二輪免許と同様ですが、

オートマチック車はクラッチ操作の必要がないため、技能講習の時間は小型限定普通二輪免許よりも短く設定されています。

 

小型限定普通二輪免許で乗れるのは125㏄以下のバイクです。

 

 

 

普通二輪免許

 

教習所を利用して取得する方法とダイレクト受験をする方法の2通りがあることや、

免許取得までの過程は小型限定普通二輪免許と同様です。

 

小型普通二輪車より車体が大きく操作も難しい分、技能教習や技能試験の内容は増え、難易度も高くなります。

 

普通二輪免許で乗れるのは400cc以下のバイクです。

 

 

AT限定普通二輪免許

 

AT限定普通二輪免許は400cc以下のオートマチック車に乗ることができる免許で、普通二輪免許と同様の流れで取得が可能です。

こちらもクラッチ操作不要のため、技能講習の時間は普通二輪免許よりも短縮されています。

 

 

 

大型二輪免許

 

 

大型二輪免許を持っていると、すべてのバイクに乗ることが可能です。

 

大型二輪免許については小型限定普通二輪免許・普通二輪免許とは取得可能年齢が異なります。

教習所を利用して取得する方法とダイレクト受験をする方法の2通りがあること、

免許取得過程に関しては小型限定普通二輪免許・普通二輪免許と同様です。

 

バイクの中で最も車体が大きく操作も難しいため、技能教習や技能試験の範囲は広くなり、難易度も高くなります。

 

 

 

AT限定大型二輪免許

 

AT限定大型二輪免許は、取得すると650cc以下のオートマチック車に乗ることができます。

交付までの流れは大型二輪免許と同様、こちらもやはりクラッチ操作不要のために技能講習の時間は短縮されています。

 

 

AT二輪車とは

クラッチ操作を必要としないスクーターを中心とした二輪車です。
「オートマチック・トランスミッション、その他のクラッチ操作を要しない機構がとられており、

クラッチ操作装置を有しない大型自動二輪車または普通自動二輪車」(道路交通法)をさします。

 

 

 

何歳になったらバイクの免許は取れる?

原付免許・小型限定普通二輪免許・AT小型限定普通二輪免許・普通二輪免許・AT限定普通二輪免許の5種類は16歳から取得が可能です。

 

大型二輪免許・AT限定大型二輪免許については取得可能年齢が18歳からとなっています。

 

身体能力などの適性があり、学科・実技の試験をクリアできれば、

どのバイクにも意外と低年齢から乗れるということがわかります。

 

 

二輪免許取得にかかる費用

地域による多少の金額差はありますが、教習所で必要な費用の相場は普通免許(四輪免許)を持っている人で7~10万円、

持っていない人で10~20万円前後です。

 

免許の種類 教習所料金の相場
(1)四輪免許あり
(2)四輪免許なし
教習内容
原付免許 (1)(2)とも

4,200円

学科試験・乗り方講習(学科・技能)
小型限定普通二輪免許 (1)  75,000円

(2)110,000円

学科試験・技能教習(学科・技能)・卒業検定(技能試験)
AT小型限定普通二輪免許 (1)  70,000円
(2)100,000円
学科試験・技能教習(クラッチ操作を除く学科・技能)・卒業検定(技能試験)
普通二輪免許 (1)  90,000円
(2)130,000円
学科試験・技能教習(学科・技能)・卒業検定(技能試験)
AT限定普通二輪免許 (1)  80,000円
(2)110,000円
学科試験・技能教習(クラッチ操作を除く学科・技能)・卒業検定(技能試験)
大型二輪免許 (1)120,000円
(2)230,000円
学科試験・技能教習(学科・技能)・卒業検定(技能試験)
AT限定大型二輪免許 (1)120,000円
(2)200,000円
学科試験・技能教習(クラッチ操作を除く学科・技能)・卒業検定(技能試験)

 

 

 

 

 

 

カレンダー
2019年12月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー
記事内検索
プロフィール

自動車販売連合会の仕事と、自動車教習所のコンピュータシステムに長いこと携わってきました。わりと複雑な自動車免許の取り方を、わかりやすくご説明できればと、このサイトを立ち上げました。多くの方がスムーズに免許を取ることができるように望んでいます。by Kinsan

 

最近の投稿
JAF

自動車保険を比べよう!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車検も賢くしよう!
お車の高価買取
車がもらえるカーリース

ページの先頭へ

error: Content is protected !!